洗顔の役割って何?〜洗顔は肌の環境を整える〜

洗顔の役割って何?〜洗顔は肌の環境を整える〜

普段何気なく洗顔をしていますが、洗顔の役割とは一体何でしょうか。
改めて考えることで洗顔の本当の意味、大切さが見えてきます。
そして自分にとって良い洗顔ができているでしょうか。

 

洗顔の役割。
それは一言で言うと「顔の汚れを取る」ことです。
よごれを取り除くことで肌を清潔に保ち、環境を整えるのです。

 

改めて洗顔の役割を考えてみましょう。

 

洗顔の役割

顔の汚れを取る、と一言で言ってもその汚れは様々です。
日常生活の中にはほこりや空気中の汚れ、排気ガスなどが付着し、体内からは汗や皮脂などが分泌されます。

 

どうしてこれらの顔の汚れを取り除かなくてはならないのかというと汚れたままの肌は肌についた雑菌が繁殖したり、皮脂が酸化したりしてしまい、吹き出物などの肌トラブルの原因になってしまうからです。
そうならないために、洗顔は正しく行いたいものなのです。

 

洗顔は肌の環境を整える

洗顔によって肌の汚れを取ることはとても重要だとわかりました。
さらに正しい洗顔を知ることで、汚れを取るだけでなく、肌の環境を整えることができます。
洗顔が不十分で汚れが落ち切っていない肌に良好な化粧水を使っても浸透せず、汚れの上から栄養を入れても逆効果です。

 

正しく洗顔し、汚れをすべて取り除いてこそ、その後の保湿成分や栄養分が活かされるのです。
肌の環境を一番整えてくれるのが基礎中の基礎の洗顔です。
その洗顔の仕方を間違えてしまうと肌によくありません。ごしごし洗ったり、刺激の強い洗顔料を使ったり、時間をかけすぎて洗ってしまうと肌に悪影響です。

 

洗顔の役割である汚れを落とせばいいだけではなく、肌に負担をかけない洗い方法で洗顔することが大切です。

 

夜の洗顔の役割

一日の汚れが一番たまっている夜。
リセットするためにも洗顔をする人は多いのではないでしょうか。
女性ならメイクをしていることも多く、クレンジング剤を使っての洗顔もされることと思います。そのあとには必ずクレンジング剤が残らないよう、しっかりと洗顔することを心がけましょう。
クレンジング剤が顔に残ることで肌トラブルを招くこともあります。

 

メイク・クレンジング剤、そして顔の汚れをしっかり落として完全にきれいな肌にもどしてから、化粧水などでケアをすることをお勧めします。

 

朝の洗顔の役割

汚れを落とすのが目的なら、一日の終わりの夜だけ洗えばいいと思っている方も多いようです。
新陳代謝の機能が一番活発になる時間帯は実は睡眠中です。
筋肉疲労の改善、古い細胞の修復など、就寝中の体内は知らない間に活発に活動しています。

 

このように睡眠中は一番体内から汗や皮脂などの分泌物・老廃物が多く分泌されています。このように朝の洗顔は睡眠中の肌表面の分泌物を洗い流す大切なことなのです。

 

夜の洗顔ももちろん大切ですが、朝も洗顔することを忘れず、肌を大切に維持できるようにしましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加