洗顔にはぬるま湯がおすすめ

洗顔にはぬるま湯がおすすめ

洗顔をした時、肌が突っ張ったり、乾燥してひりひりしたりことはありませんか。
原因は様々ですが、その中の一つに洗顔する時の水やお湯の温度に関係することがあります。
「洗顔のときにはぬるま湯がおすすめ」というのはよく耳にすると思いますが、どうしてぬるま湯がいいのでしょうか。
ぬるま湯といっても人それぞれぬるま湯の考え方も違います。

 

一般的なぬるま湯についてよいといわれる理由や適温、肌質によってお勧めのぬるま湯があるので、ご紹介します。

 

洗顔にはぬるま湯がよいといわれる理由

冷たい水で洗うと毛穴が閉じてしまい、毛穴の中の汚れや皮脂を完全に落としきることが難しいといわれています。
反対に熱いお湯は汚れを落とすだけでなく必要な皮脂まで洗い流してしまい角質を傷めすぎてしまうのでよくありません。

 

熱すぎず冷たすぎないぬるま湯こそ、肌の必要な皮脂まで流すことなく、汚れをうまく洗い流してくれるのです。

 

ぬるま湯とは

ぬるま湯と一言で言っても温度の感じ方は人それぞれです。
一般的に指すぬるま湯の温度は32〜34度くらいだといわれています。
人の体温が35〜37度が平熱と考えると、体温と同じくらいかそれより少し低いくらいがぬるま湯と考えられます。

 

このぬるま湯を判断する時に参考になるのは、水より温かい感じ、お湯よりは水に近い感じをイメージするとわかりやすいようです。
洗顔する時に気をつけていくと自分の適温が分かるようになります。

 

わかりにくい時はほぼ水だけど冷たくない感じが肌にいいといわれています。

 

肌質によって違う適温

☆普通肌・・・32〜34度
普通肌は肌のトラブルが少ないので一般的なぬるま湯の温度でよいです。
冷たすぎない水で洗いましょう。

 

☆乾燥肌・・・30〜33度
乾燥肌の人は顔表面の水分量が少なく、皮脂があまり奪われない洗顔法が良いので、限りなくぬるいお湯で洗うようにします。
冷たすぎても肌によくないので注意が必要です。

 

☆脂性肌・・・36〜38度
脂性肌の人は皮脂が多いのでたくさん洗い流せる高めの温度が良いです。
熱すぎる温度では逆効果になるので、やや温かいと感じる温度のぬるま湯がおススメです。

 

まずは自分の肌質を知り、ぬるま湯の温度もきちんと理解し洗顔する時に気をつけることで、肌質が改善されます。
いつもより肌が乾燥しているときは水に近いぬるま湯、肌が脂っぽい時には温かめのぬるま湯を心がけるようにしましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加