「洗顔石鹸」と「洗顔フォーム」って何が違うの?

「洗顔石鹸」と「洗顔フォーム」って何が違うの?

よく洗顔石鹸、洗顔フォームの違いを聞かれて「洗顔石鹸は固形」「洗顔フォームは液状」と思っていませんか?
実は形ではなくズバリ言うと界面活性剤などの配合成分の違いで分かれています。

 

どう違うのか、詳しくご紹介します。

 

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の主成分は「脂肪酸カリウム」「脂肪酸ナトリウム」と呼ばれる天然成分で構成されています。
無添加100%と呼ばれている洗顔石鹸は防腐剤や香料などの添加物や合成界面活性剤が一切含まれません。

 

そのため、肌への負担は最小限、顔の汚れだけを落とし、必要な油脂まで洗い流すことはまずないといわれています。

 

泡立ちは天然成分のためにすぐに泡立つようなことがないので扱いにくいのですが、弱アルカリ性のため、肌に優しいのが特徴です。
形は固形が多いですが、粉末の場合もあります。
手作りで作られているものもあり、高価なものもあるので高いイメージがつきやすいですが、安価なものもあります。
値段や形ではなく、配合成分をよく見て「100%天然成分」であれば、洗顔石鹸ということができます。

 

注意したいのが「無添加」とかかれていても成分をみると一部、何らかの添加物などが使われていることもあるので形や表示に気をつける必要があります。

 

洗顔フォームの特徴

洗顔フォームと一般的に呼ばれているものは「合成界面活性剤」が含まれています

 

洗顔料と呼ばれるものには「界面活性剤」という成分が必ず含まれていて顔の汚れを落としてくれるのです。
この「界面活性剤」成分が「合成」であるがために肌に悪影響を及ぼす原因の一つとなります。
なぜ「合成」を利用するのかといえば、洗浄力が高まるからなのですが、肌に大切な皮脂まで洗い落してしまう可能性があり、肌荒れの原因になります。

 

泡立ちが良いほど、合成成分が高いというわけなのです。
肌荒れを防ぐために、保湿など肌を補う成分が入っているのですぐに肌荒れが出ないような仕組みになっているものが多いです。
もうひとつの最大の特徴は「弱酸性」「中性」がほとんどであるということ。
肌に一番いいのは「アルカリ性」ですが、ほとんどの洗顔フォームは弱酸性か中性で、天然成分についても「〜由来」とすることが多く、100%天然ではありません。
形は主にクリーム状でチューブタイプのものが多いですが、中には固形石鹸の形のものもあります。

 

保存料が入っているため、長期間使えて扱いやすいのも特徴の一つです。

このエントリーをはてなブックマークに追加