洗顔石鹸でしみ予防

洗顔石鹸でしみ予防

絶対作りたくないしみ。
しみはメラニン色素が肌に染み付くことが主な原因といわれていますが、紫外線やホルモンバランスの乱れ、ストレスや肌の炎症などがその要因の一つとなっていることが多いようです。

 

これらの原因を防ぐことでしみ防止となりますが、肌の中にたまったメラニン色素を定着させないように肌内部の汚れや角質を洗うことが何よりの対策となります。
特にメイクをした後にそのままの状態でいることは一番のしみの原因となります。
メイクをしないで外に出ると紫外線を直接浴びてしまうので必ずメイクをし、紫外線を防ぎ、きちんと洗顔でメイクを落とすことが大切です。

 

しみ予防に優れた洗顔石鹸をご紹介します。

 

シミ対策の洗顔石鹸

しみ予防の洗顔石鹸、またはしみを薄くする効果のある洗顔石鹸がおススメです。
化学合成香料、界面活性剤、防腐剤を使用していない洗顔石鹸、肌に優しい自然無添加洗顔石鹸を選ぶことが大切です。
肌に刺激の強い成分が入っていると、それがしみの原因になってしまうこともあるので、成分表示は必ずよく見るようにしてください。

 

洗顔のやり方でしみ予防

洗顔する時にいくつか気をつけて洗うと、しみ予防になります。

 

☆泡で洗う
手で顔に直接触れてごしごし洗うやり方では肌にかなりの負担を与えてしまいしみができやすくなってしまいます。
固めの泡を多めに作り、直接顔に手が触れないように泡の弾力で洗うことが何よりも大切です。
すでにできてしまったしみも薄くなるようです。
固めの泡を作るにはネットなどがおススメです。

 

繰り返し作っていくうちに固めの泡を作れるようになるので、根気よく試して固めの泡で洗顔するようにします。

 

☆十分なすすぎ
肌に汚れや泡が残っていると酸化が進み、肌のくすみやしみの原因となります。
ぬるま湯でしっかりとすすぐことが大切です。
過剰なすすぎは肌に刺激となってしまうこともあるので気をつけ、泡を長時間顔につけておく状態も色素沈着の原因になるので、素早く洗顔して洗い流すようにしましょう。

 

洗顔後の保湿

保湿力の高い洗顔石鹸を使用することで、洗顔後のしっとり感を維持し、潤いを与えることでメラニン排出を促します。
さらに洗顔後にしっかりとスキンケアを行い、保湿することでしみ予防になります。

 

自分の肌に合った洗顔石鹸、スキンケア化粧品でしっかりとしみ予防をし、できてしまったしみも薄くすることもできるので洗い方や石鹸選びを知り、しみのない肌作りを目指しましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加