洗顔石鹸で毛穴の開き予防

洗顔石鹸で毛穴の開き予防

毛穴が開いているとメイクのノリも悪く、毛穴に汚れもたまりやすくなってしまいます。
毛穴のトラブルは不規則な生活、喫煙、ホルモンバランスの乱れなどにより毛穴が開いてしまい、汚れがたまりやすくなるといわれていますが、健康な肌なら開いた毛穴もきちんと閉じるのです。

 

洗顔石鹸を使うことで毛穴の開きが予防でき、既に開いてしまっている毛穴も引き締めることができます。

 

洗顔石鹸での毛穴のケア法をご紹介します。

 

毛穴を引き締めるために

まずは洗い方ですが洗う時には力を入れてごしごし洗わないようにするため、モコモコした泡で洗うことが大切です。
力を入れて洗ってしまうと余計毛穴が開いてしまい逆効果です。
まずはよく泡立つ洗顔石鹸で多めに泡を作り、顔全体を直接手でこすらないように泡で洗うようにします。
すすぎもぬるま湯でしっかりとして泡が顔に残らないようにします。

 

その次に大切なのが保湿です。
毛穴が開く原因の一つに肌の奥の保湿低下があるようです。
乾燥した肌は毛穴が開きやすい状態なので、保湿成分で潤いを与えて毛穴を引き締めます。
特に肌のキメを整える成分として「セラミド」がいいようです。

 

肌のキメを整えることで、毛穴を引き締め、毛穴に汚れが入らないようにします。
洗顔石鹸で洗ったあとは必ず保湿成分の高い化粧水でアフターケアをしましょう。

 

年齢別で変わる洗顔石鹸

毛穴のトラブルは年齢によって変わってきます。
年齢別で自分に合う洗顔石鹸を使用するのも一つの方法です。

 

☆10代〜20歳代
皮脂の分泌が活発な時期なので刺激を与えすぎると皮脂腺が多い鼻頭などの毛穴が開きっぱなしになってしまいます。
この時期には肌の負担をかけないよう毛穴汚れを落とすことができる泡立ち重視の洗顔石鹸がおススメです。

 

☆25歳〜30歳
肌の老化が始まる年齢。肌の水分も不足しがちで、毛穴からの皮脂量が増え、毛穴の開きが気になるようになります。
この時期には保湿や美容液のような成分が配合されている洗顔石鹸がおススメです。

 

☆35歳〜40歳代
毛穴が常に目立ちがちになり、コラーゲンも不足します。
この時期には毛穴を引き締めてくれる効果のある成分、そしてコラーゲン配合されている洗顔石鹸がおススメです。

 

このように毛穴の悩みは年齢によって様々なところもありますが、基本は同じです。
まずは毛穴の汚れを洗い流して取り除き、しっかり保湿します。
それを繰り返すことで開いた毛穴も閉じ、肌のキメも細かくなり、開きにくい毛穴に変化します。

 

自分に合った洗顔石鹸で、しっかりと毛穴を引き締めていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加