保湿力のある洗顔石鹸を選ぼう

保湿力のある洗顔石鹸を選ぼう

保湿はなぜ大切なのか?

 

美顔の秘訣は肌を清潔に保つことです。
そしてそのために正しい洗顔は欠かせません。
メイク落とし、肌の汚れ落とし、毛穴の詰まった汚れなど洗顔は何より大切なスキンケアの一つです。

 

でもその洗顔の後に肌がつっぱったり、痛みがあったりすると肌トラブルの原因になります。
そこで大切なのができるだけ肌に刺激がなく保湿成分の高い洗顔石鹸を選ぶということです。

 

肌は乾燥するとしわやくすみの原因になり、メイクのノリも悪く肌がかさつくなどのトラブルも起こりやすくなります。
大事な肌の潤いを奪わないためにも保湿が大切です。
肌はもともと空気の乾燥により肌の水分が奪われやすい環境の中にあり、さらに紫外線による肌細胞ダメージで肌機能が低下しています。
また、化粧品に含まれている添加物によっても水分が奪われ、角質層にある細胞間脂質の働きが低くなり保湿力が低下します。

 

洗顔の時の洗顔料の添加物によく使われている合成界面活性剤も肌のタンパク質を溶かして脂分を奪い、肌の保湿を奪って乾燥をまねきます。

 

保湿力のある洗顔石鹸選び

洗顔石鹸は合成界面活性剤が含まれていないものが多いので保湿力の低下を防ぐといわれています。
牛脂やパーム油が主成分の洗顔石鹸は細胞間脂質を落とさず皮脂だけを落とし、オレイン酸主体の洗顔石鹸は皮脂の主成分となるスクワレンを落としすぎないため、保湿に適しています。
さらに保湿力を高めるなら、セラミドやコラーゲンやグリセリン、オリーブオイルや植物から抽出したエキス、泥に含まれる成分などを配合した洗顔石鹸がお勧めです。
自分の肌に合わせて選びましょう。

 

このように保湿力を低下することなく保湿強化できることこそ、洗顔石鹸の素晴らしい特徴といえます。

 

保湿重視で洗顔石鹸を選ぶと洗顔後の肌のつっぱり感はなくなり、日中の肌の調子も良くなるようです。
洗顔石鹸を選ぶときは、保湿重視で選ぶようにしましょう。
保湿を重視し過ぎて肌トラブルが起こるということはまずありません。

 

特に乾燥肌ではない方にも一番重視していただきたいポイントです。

 

保湿力の高い洗顔石鹸の成分

天然エキス成分・・・水素、米ぬか、泥炭、海塩、ヨーグルト、アロエ、ローヤルゼリー
水分保持保湿成分・・・セラミド、ステアリン酸コレステロール
真皮にある保湿成分・・・コラーゲン、ヒアルロン酸
水分吸湿保湿成分・・・グリセリン、NMF

 

自分の肌に合う成分を見つけて肌の乾燥を防ぐ洗顔を目指しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加