洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸といってまず思い浮かべるのが「固形石鹸」ではないでしょうか。
「固形」だから石鹸という考え方は間違いで、洗顔石鹸にはたくさんの種類、製品があります。

 

まずは洗顔石鹸の正しい選び方をご紹介します。

 

本物の石鹸選び

石鹸選びで一番大切なのが、成分表をみるということです。
化粧扱いになっている洗顔石鹸は薬事法で全成分の表示義務があります。
その中で気をつけたいのが「弱酸性」「植物性」「環境に優しい」「赤ちゃん肌にも合う」などと書かれていても合成洗剤である場合があります。
脂肪酸とアルカリが化学反応でできたものがアルカリ性の石鹸です。
それから成分表で脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウムが98%以上と規定が決まっている「純石鹸」、または合成物質を一切含まない「無添加・石鹸素地」のものを選ぶようにします。
石油系の合成界面活性剤が無添加で、凝固剤や酸化防止剤などの合成化学成分が無添加のものを選ぶようにしましょう。

 

ただ「無添加」というだけでは表現が曖昧で何か一つだけが不使用なだけで無添加と呼ぶ石鹸も存在します。
乳化安定剤、EDTA、変質防止剤、着色料、香料などの添加物が含まれていないか注意が必要です。

 

100%天然の洗顔石鹸を選ぶようにしましょう。

 

肌質に合う石鹸選び

使ってみないとわからないということもありますが、自分の肌質に合う石鹸を選ばないと、洗顔石鹸のよさを引き出せません。
自分の肌質を知り、その肌質に合った石鹸を使うことで、効果が期待できます。
肌質といっても、季節や体調、時期や環境などによって様々に変化します。
その時々で、自分の肌がどういう状態なのかチェックしながら、洗顔石鹸を使用していきます。
大まかに分けて「普通肌」「乾燥肌」「脂性肌」に分かれるので、そこからさらに自分に合うものを探します。

 

洗浄力や泡立ちをみる

自分の肌質に合う石鹸を見つけたら、洗浄力や泡立ちをチェックします。
洗浄力が強すぎると逆効果になってしまうことがあります。
本物の洗顔石鹸であれば、少量でも泡立ち、適切な洗浄力で汚れを落としてくれます。

 

泡立たない石鹸で顔の表面をこすると、肌トラブルを招きますので、泡立たない石鹸は使用を控えましょう。

 

値段に惑わされない

成分によって高価なものや安いものなど、値段は様々です。
高いからといっていいとは限りません。

 

しっかりと自分に合うものはどれか、成分表・肌質を中心に見極め、お手軽に試せる洗顔石鹸を選びましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加