洗顔石鹸の泡立て方

洗顔石鹸の泡立て方

洗顔石鹸を使う上で、一番大切なのが泡立ちです。
きめ細やかな泡で洗顔することにより、洗顔石鹸の効果を発揮できるのです。
難しそうに思えますが慣れると簡単。

 

そんな自分でできる上手な泡立て方をご紹介します。

 

ネットを使って泡立てる方法

一番簡単といわれている泡立て方で、簡単で素早くきめ細やかな泡を作り出すことができます。
まずネットの中、または上に石鹸をあて、こすります。
少し泡立ったところで満足せず、さらに水を加えて泡立てるのがポイントです。
初めに泡立った泡はまだキメが荒いので、きめ細やかな泡を作るためには水を加えることによって簡単に作ることができます。

 

ネットを使用した後は、ネットをしっかりと洗い、風通しを良くして乾燥させて、清潔にしましょう。
石鹸や水分がついたままのネットを放置すると衛生上良くないので気をつけてください。

 

手を使って泡立てる方法

慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、泡立てることに慣れてしまえば、ネットを使用することなくネットがなくてもいつでもどこでも泡立てることができます。
まずは手を洗いましょう。
きれいな手じゃないと泡立ちません。
少量の水をつけた石鹸を手のひらで大きく回し、石鹸を溶かします。
手のひらで泡状になりますがまだここからです。顔の大きさに合った洗顔分の適量が手のひらにたまったらここから泡立てになります。
石鹸を置き、手のひらの適量に少しずつ水を加えます。

 

ここで気をつけたいのが、一気に水を入れると流れてしまうので少量ずつ加えるようにします。
水を加えたら手のひらを内側に丸めて、もう一方の人差指、中指、薬指を使ってくるくる円を描くように泡立てていきます。
石鹸がこぼれてしまわないように時々手のひらの中心にもどしながら泡立てます。
ポイントは空気を含ませるように泡立てるということです。
これはやっていくうちにコツをつかんできます。
少し弾力のある泡になってきたらさらに、きめ細やかな泡づくりを目指します。
生クリームのような泡にするために、また少しずつ水を加え、混ぜる指を速く動かします。

 

モコモコしたきめ細やかな泡になれば完成です。

 

泡立て方のコツ

生クリームのようなきめ細やかな泡、弾力のあるモコモコした泡など、初めはよくわからないかもしれませんが、何度か練習しているうちにコツや適量が分かってきて、簡単にできるようになります。
最初は根気がいる作業で、時間もかかると思うので、練習は時間のあるときにゆっくりすることをお勧めします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加