洗顔石鹸でアトピー予防

洗顔石鹸でアトピー予防

アトピーの要因は様々ですが、現代社会において悩んでいる人は増えているようです。
アトピー肌は皮膚のバリア機能が低くなっていて、ちょっとした刺激に対しても過敏に反応してしまい、皮膚炎をおこしやすい肌というのが特徴です。

 

時にはかゆみの伴う湿疹ができて炎症を起こす肌トラブルもあります。
このような肌の場合、洗顔石鹸を正しく選ぶことで症状が軽くなったり、よくなったり予防することもできます。
アトピー肌になってしまった場合も一番気をつけたいことはアレルギー反応が出ないように刺激を与えないことです。
アトピー肌の場合、かゆみを伴うことが多いので洗顔石鹸の中でも敏感肌用がおススメです。

 

アトピー肌になりがちな人は特に、気をつけたい予防法や洗顔石鹸をご紹介していきます。

 

アトピー肌に合う洗顔石鹸

アトピー肌に最もよくないのが添加物を使用しているものです。
まずは成分をよく見て、天然成分の洗顔石鹸を選びましょう。
まずみていただきたいのが、合成界面活性剤、着色料、香料、防腐剤などで、これらは特に肌に刺激を与える成分なので避けます。
「無添加」とかいてあっても完全に無添加ではないこともあるので、きちんと成分を見てから判断し、低刺激なものを選ぶようにしてください。

 

アトピー肌の原因の一つにセラミド不足もいわれているので、セラミド配合のものも合わせて選ぶとよいようです。

 

アトピー肌にはとにかく保湿

アトピー肌は肌のバリア機能が低下していて、皮脂も少ないのが特徴です。
肌の乾燥によりかゆみが出てしまい、かきむしって炎症を起こしてしまうので、そうなる前に乾燥を予防します。
乾燥予防に一番大切なのが保湿です。
肌表面にだけ保湿を与えるのではなく肌の内部の角質層へ浸透する保湿が大切です。

 

保湿成分の高い洗顔石鹸を選び、なるべく乾燥を防ぎましょう。

 

アトピー肌の洗顔の仕方

アトピー肌になりやすい原因は乾燥、そして肌への刺激です。
洗顔時に刺激を与えると肌が荒れてアトピー肌になりやすくなってしまいます。
そうならないためには洗顔の仕方が大事です。
洗顔石鹸をしっかり泡立て、たっぷりとした弾力のある泡を作ります。
その泡の力で洗い、手で直接肌をこすらないようにしましょう。
泡で洗った後には素早くぬるめのお水で洗い流し、そのままの状態で顔を放置しないようにします。
保湿成分の高い、低刺激の化粧品などですぐにケアをお勧めします。

 

アトピー肌にならないために気をつけたいポイントは乾燥、刺激、保湿です。

 

自分に合う洗顔石鹸を探すときに、少しでもしみたり、痛みがあったりする場合はすぐに使用を中止し、無理なく使えるものを選ぶようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加