水洗いのみの洗顔は危険!?

水洗いのみの洗顔は危険!?

洗顔をするとき、水やぬるま湯だけという方法があります。
場合によってはそれがいい場合もありますが、一日の中で一度も洗顔料を使わずに水洗いしかしないというのは肌によくありません。

 

その理由や、どうしていけばよいのかをご紹介します。

 

水洗いの欠点

水だけの洗顔は肌の皮脂を落とすことはできません。
特に表面上の汚れは流れても、毛穴に入った皮脂や汚れは水だけでは不十分といえるのです。
このように毎回水洗いしかしないのではいつまでたっても皮脂が落ちず、顔の汚れがたまっていき、吹き出物や毛穴の黒ずみ、肌のくすみ、シミなどの肌トラブルを招きます。

 

また、水洗い後に美容ケアをするときに、顔の汚れが落ちていない状態でケアをしても化粧品の成分などは汚れの油膜によって肌に浸透せず、ケアになっていないということになります。
ケアできていない肌は当然乾燥し、肌にとても良くない状態なのです。

 

なぜ水洗いのみなのか

水洗い推奨の理由は洗顔料を使うことで余計肌トラブルが起こるということがあるからのようです。
この洗顔料というのは合成界面活性剤が使われている洗顔料が主と思われますが、強力な洗浄力、使われている化学物質などがもたらす結果なのです。
特に乾燥肌や敏感肌、吹き出物の多い肌の人は刺激が強い洗顔料での洗顔により余計悪化するので、そのことを避けるために水洗いのみという選択をしてしまうようです。

 

ずっと水洗いのみということは汚れがたまっていくということなので、もちろん肌によくないうえに症状も改善されることなく、最悪の場合悪化することもあり得ます。
水洗いのみではなく、洗顔料を見直すほうが賢明といえます。

 

脂というものは水では落ちないという考えからわかるように、顔の汚れも水だけでは落ちない、ということをしっかり認識しましょう。

 

一日一度は洗顔石鹸

毎日朝と晩2回の洗顔が望ましいのですが、水洗いしかしない人はそのうちの1回でも洗顔料を使うことで、肌トラブルを防ぐことができます。
洗顔料を洗顔石鹸にするなら、毎回使用しても肌への負担も最小限で余分な汚れだけを取り除くことができるので、肌の状態が改善します。
肌のために水洗いをしている人は何らかの肌トラブルを抱えている人が多いので、低刺激の天然成分のみでつくられている洗顔石鹸がおススメです。

 

水洗いを試す前に洗顔料を見直し、自分に合った洗顔石鹸で肌質を改善していきましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加