メイク落としの方法

メイク落としの方法

メイク落とし、といっても様々な種類、方法があります。
間違った方法でメイク落としをしていると肌トラブルを招きます。

 

肌に負担をかけないメイクの落としの基本法をご紹介します。

 

部分メイク落とし

メイクの仕方などでも変わってきますが、基本的に一気にメイク落としをするのではなく、部分的にメイク落としをしていきます。
メイクで色がついている部分は色素沈着を起こしやすいので、必ず一番先に落とすようにしましょう。
乾いた顔の状態で目の周りのアイシャドウ、マスカラ、アイラインなどは浮かせて落とすオイルタイプのメイク落とし、またはコットンにしみこませて使うふき取りタイプのリムーバーなどで落とします。
こすらないように優しく浮かせる、または優しく拭き取ります。
口元の口紅、リップライナー、グロスなどは口をすぼめて他の肌につかないように気をつけながらふき取ります。
一気に落ちない場合は、無理をせず、数回に分けて落とします。

 

全体メイク落とし

ファンデーションだけになったら、顔全体のメイクを落とします。
メイク落としの種類はたくさんありますが、どのタイプを使うときも大切なのは強くこすらないことです。
肌になじませながら優しくふやかすように落としましょう。
そしてメイク落とし剤の量をけちらずにたっぷりと使うことで、毛穴の隅々の汚れを取り除くことができます。
清潔な手でメイク落とし剤を手のひら全体に多めにとり、顔に優しく伸ばします。
強くこすらないように指で円を描くように肌になじませます。
顔の凸凹に合わせて隅々まで優しくなじませ、メイク残しがないように落としていきます。
肌全体に行き届いたら、洗い流すタイプのものはしっかり洗い流し、ふき取るタイプのものはコットンなどで拭き残しがないようにしっかりと拭きとります。

 

メイクが落とせたら、必ず洗顔をするようにしましょう。
洗顔した後は乾燥を防ぐためにすぐにローション、または乳液などの化粧品を使ってケアをしてください。

 

メイク落としのポイント

帰宅後、すぐにメイクを落とし、長時間メイクしたままにしないこと。
メイクを落としながらマッサージをすると毛穴に入り込んでしまうのでマッサージはしないこと。
濡れた手、濡れた顔でしないこと。乾いた状態でメイク落としを始める。
メイク落としの種類によってもやり方などが違うので、説明書は必ず読みましょう。

 

メイクが顔に残っていると肌のくすみ、シミやしわの原因になるので、しっかりと落としましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加