自宅でできる肌質チェック

自宅でできる肌質チェック

自分の肌質がどのタイプかを知ることで化粧品の選び方を変え、自分の肌を守ることができます。

 

自分の肌質を本当にわかっているのでしょうか。
ちょっとしたことで自分は乾燥肌かもしれない、脂性肌かもしれないと勝手に決めつけていませんか。
専門店に行かなくても自宅で肌質をチェックすることができます。

 

そのチェックの仕方をご紹介します。

 

肌質の種類

肌質は大きく6種類に分かれます。

 

☆普通肌・・・基本ともいえる理想的な肌質。肌の皮脂量と水分量がバランスよくあり、肌のキメも細かく弾力があります。
☆乾燥肌・・・肌の水分量・皮脂量とも少なく、かさつく肌質。つっぱり感も強く、敏感肌にもなりやすい肌です。
☆脂性肌・・・肌の皮脂分泌が多く、毛穴が開いてキメの粗い肌質。吹き出物ができやすくべたつきやすい肌です。
☆混合肌・・・乾燥肌と脂性肌両方とも兼ねそろえた肌質。おでこなどは脂性、目や口周りは乾燥といった傾向がある肌です。
☆敏感肌・・・外的刺激に弱い肌質。バリア機能が低く水分量も少ないので、荒れやすい肌です。
☆インナードライ肌・・・男性に多い肌質。肌表面は皮脂が多く、肌の内側は水分量が少なく乾燥している肌です。

 

肌質チェック法

朝、洗顔料を何もつけず、水に近いぬるま湯で洗顔します。
清潔なタオルで水分を拭き取り、化粧品などを一切付けずに10〜15分放置します。

 

時間が経ったら自分の肌を確認し、肌質をチェックします。

 

☆普通肌
時間がたっても肌がしっとりしていて適度な弾力と張りがある状態。
乾燥している部分もなくさらりとした肌触りが特徴的です。

 

☆乾燥肌
一番に肌が突っ張った感じが強く、部分的に粉がふいている状態。
ざらついていたり、かさついていたり赤い部分があるのが特徴的です。

 

☆脂性肌
顔全体がべたつき、脂が浮いている状態。
つっぱり感はなく毛穴が開いて顔がテカリを帯びているのが特徴的です。

 

☆混合肌
おでこや鼻の横は脂っぽく、目や口周りは突っ張った感じがする状態。
部分的に乾燥、脂性と分かれているのが特徴的です。

 

☆インナードライ肌
脂っぽい感じもあるがつっぱり感もある状態。
カサカサしている部分と脂っぽい部分があるのが特徴的です。

 

 

自分の肌質を理解し、それぞれの肌質に合ったスキンケアを選びましょう。
肌質は環境や季節、食事などで大きく変化するので気になったらこまめに肌質チェックをお勧めします。

 

※朝洗顔してから昼頃にはテカってると脂性など

このエントリーをはてなブックマークに追加