敏感肌な人にこそ石鹸!?

敏感肌な人にこそ石鹸!?

敏感肌とは肌のバリア機能が低下しているためにちょっとした外部からの刺激に過敏に反応してしまう肌のことです。
特に乾燥肌の人は敏感肌になりやすく、日に当たるとひりひりしたり、初めて使う化粧品がしみたりします。

 

どんなに優しいといわれている化粧品を使っても合わないこともあるのではないでしょうか。
敏感肌にはとにかく刺激が少なく保湿性の高い洗顔料がいいといわれています。

 

そんな敏感肌を悪化させず、いい方向に導いてくれるのが洗顔石鹸です。

 

洗顔石鹸の利点

洗顔石鹸は最も低刺激で、天然由来のもので作られています。
一般的に作られている洗顔フォームなどは合成界面活性剤や添加物で作られており、それが肌にとても悪影響となります。
洗顔石鹸無添加100%を選べば、防腐剤や香料などといった刺激物を使用していないので、肌にとても優しく、刺激も最小限に抑えることができます。

 

洗顔石鹸と一言で言っても種類は様々なので、選ぶときにはいくつかの注意点があります。

 

洗顔石鹸の選び方

☆パラベン、香料、防腐剤、鉱物油などが使用されていないものを選ぶ。

 

☆自然派、や無添加、植物由来など、表紙に書いているものだけを信じない。
裏の成分表をよく見て添加物や合成界面活性剤が入っていないかを確認する。

 

☆アルコールはもちろん入っていないものを選び、天然のものでも肌に刺激となるペパーミントなどのミント系、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系、メンソール系のものはかなり刺激が強いので避けるようにする。

 

洗顔石鹸の使い方

自分に合う洗顔石鹸を見つけたと思っても、使ってみるまで効果はわかりません。
また、あうと思っていても2,3日後にやはり合わないことが分かることもあるので過信して使わないようにします。
何か異常があった場合はすぐに使用をやめるようにしましょう。

 

いきなり顔で試す前に、手や体で使ってみてから洗顔をするのもお勧めです。

 

洗顔の仕方

自分に合う洗顔石鹸を利用していても、洗顔の仕方で肌を傷める場合があります。
洗顔をするときにはできるだけ肌に刺激を与えないようにキメの細かい泡をたくさん作り、指や手が顔に触れないように優しく泡だけで洗顔するようにしましょう。
すすぐ時も泡が顔に泡が残らないようにしっかりとすすぎ、水分をふき取るときも新しい柔らかいタオルで優しく吹くようにします。

 

洗顔の後も乾燥を防ぐため、低刺激の化粧品で素早く保湿ケアをしましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加