脂性な人には洗顔石鹸!?

脂性な人には石鹸!?

脂性肌とは顔全体が脂っぽく、べたついた感じがします。
毛穴も開くので目立ち、吹き出物も増えます。
脂性肌の人は顔のべたつきを気にして常に洗顔をしたくなります。
そのために洗浄力の強いものを好みがちで、余計肌を悪くしているようです。

 

脂性肌だからこそお勧めなのが、低刺激、天然成分配合の洗顔石鹸です。
洗顔石鹸で正しく洗顔することで、脂性肌を改善することができます。

 

洗顔石鹸の利点

通常の肌は皮脂や汗などの分泌物が乳化することで皮脂膜になり、肌の表面を覆って天然クリームの役目を果たしてくれます。
水分の蒸発や外的刺激から肌を守ってくれるのですが、この役割を果たす皮脂の分泌が過剰になってしまうため、肌トラブルを招きます。

 

勘違いしがちなのがこの皮脂を全部なくせば治ると思うことです。
そしてより洗浄力の高い洗顔料を選んでしまいがちなのですが、実はそうではありません。
洗浄力の高い洗顔料ほど、石油系の合成界面活性剤を使用していることが多く、肌トラブルを起こす原因になります。

 

脂性肌だからこそ、余分な皮脂だけを落として肌の潤いを残せる洗顔石鹸がおすすめなのです。

 

洗顔石鹸の選び方

☆皮脂の分泌を抑えてくれる成分が配合されたものを選ぶ。
☆肌が潤えば皮脂分泌も抑えられるので、保湿成分が配合されたものを選ぶ。
☆無添加と書かれているだけではなく、裏の成分表も確認し、パラベンや香料も使用されていない100%無添加で低刺激のものを選ぶ。
☆泡立ちの良い、低刺激のものを選ぶ。

 

洗浄力が強すぎると悪化するので、洗浄力よりも低刺激を重視して選びましょう。

 

洗顔石鹸の使い方

脂性肌が気になり過ぎて一日に何回も肌をこするように洗っていませんか。
これこそ最もいけない洗顔方法です。
脂性肌だからこそ気をつけなければならないのは「脂分を肌から奪いすぎない」ことです。

 

洗顔する時に気をつけたいのが、清潔な手で洗顔すること。
そして一度顔の表面の汚れを落とすためにぬるめの水で顔を洗います。
自分の肌に合う洗顔石鹸をまずはしっかりと泡立て、指や手で直接顔に触れないように洗顔します。
たっぷりの泡であらったあとは水に近いぬるま湯でしっかりとすすぎます。

 

洗い残しのないように洗ったら、素早く清潔なタオルで拭き取ります。
そのあとは乾燥を防ぐためにべたつかない成分の化粧品で肌を整えましょう。
洗う石鹸や洗い方を見直すことで、脂性肌は改善されることが多いようです。

 

あきらめず、自分に合った石鹸を探すことがおススメです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加